ずっとNo.1ブランド。テングジャーキーずっとNo.1ブランド。テングジャーキー

ビーフジャーキーといえば「テング」!

かつて海外旅行のお土産として
人気を博したテングビーフジャーキー。
今では、日本国内で唯一無二の
存在に認知されています。

100%赤身ももステーキ肉を約1/3まで凝縮乾燥したプレミアムビーフステーキジャーキー

「テング ビーフステーキジャーキー」の原材料には、100%赤身ももステーキ肉を使用。100gのビーフステーキジャーキーを作り出すまでには、その3倍相当の牛肉を乾燥し、凝縮させています。 しっかりとした歯ごたえと、噛めば噛むほど深くなる味わいは、こうして良質なステーキ用肉をたっぷりと使用しているから。

日本伝統のしょうゆ味が美味しさを引き出しました

始まりは、日系アメリカ人の創業者の飽くなきチャレンジ精神。赤身肉の凝縮した旨みに日本の伝統的な発酵食品の知恵である「しょうゆ」の組合せで、日本人が美味しく食べられ、世界で人気となった味覚を創り出しました。

BRAND HISTORY

1970年代

アメリカ・ロサンゼルスで日系2世のケン大崎氏が、良質な赤身ステーキ肉にしょうゆで味付けして独自開発した「テングビーフステーキジャーキー」を製造。日本人ならではの繊細な味覚と徹底した素材へのこだわりが功を奏し、リトル東京をはじめ評判となる。

1980年代

海外旅行が大衆化した時代に、特にハワイで日本人観光客の間でしょうゆ味の「テングビーフステーキジャーキー」が人気となり、たちまちハワイのお土産の定番として大ヒット商品となる。

1983年

鈴商が日本総代理店契約を結び、日本への輸入がスタート。日本国内で瞬く間に大人気商品となり、一年後にはジャンボジェット機一機分が輸入されるまでになった。

1970年代

「テングビーフステーキジャーキー」の冬の時代。米国で発生した狂牛病が原因で、
米国産牛肉・加工品の輸入が禁止されてビーフステーキジャーキーも輸入販売ができなくなってしまう。

2004年

牛肉が安くておいしいアルゼンチンに生産拠点を移し、テング秘伝のレシピを継承したアルゼンチン産「ビーフステーキジャーキー」の輸入を開始する。

2013年

5月、干ばつや天候異変による牛の育成頭数減少を理由にアルゼンチン工場が突然閉鎖。再びビーフステーキジャーキー輸入の危機に。

10月、安定した生産と流通を目的に、ついに国内製造を決断。国産の高い品質での安定供給が実現し、輸入品と併せて様々なバリエーションが登場するなど、「テングビーフステーキジャーキー」の人気が再燃。

movie

SNACK OF LIQUIR

お酒を楽しむパートナー

media

お酒を楽しむパートナー

scene

こんなシーンにも

タンパク質豊富で、お子様の成長促進に!

テングビーフステーキジャーキーの主原料である牛赤身肉は、筋肉強化・体力向上などの成長促進に欠かせないタンパク質が豊富。
しっかりとした噛みごたえのステーキジャーキーなので、咬筋力(噛む力)の向上にも役立ちます。

健康系おつまみ

テングビーフステーキジャーキーは、100%赤身ももステーキ肉を使用しているので、タンパク質を手軽に摂取できます。効率よく筋肉の成長をサポートする”健康系おつまみ”として、体型に気を使う女性や男性にも、幅広く受け入れられています。海外のセレブやモデルたちの間で流行している「ヘルシー スナッキング」にも、ビーフジャーキーは愛用されています。

※「ヘルシー スナッキング」とは、健康的な間食を適度に取り入れ、食べる回数を増やすことで、極度の空腹状態を避けることができ、食べ過ぎを防ぐ新しい食習慣です。

lineup

  • ビーフステーキジャーキー
    レギュラー

    厳選した牛肉を使用し、しょう油をベースとした味付けのビーフジャーキー。発売以来、変わらぬ味と圧倒的な支持を得ています。

  • ビーフステーキジャーキー
    ミディアムチャンク レギュラー

    通常のレギュラー商品を小さくカットしています。

  • ビーフステーキジャーキー
    ホット

    醤油をベースに、ピリッと胡椒のきいた辛い味付けのビーフジャーキーです。

  • ビーフステーキジャーキー
    激辛

    “激辛”として知られている「ブートジョロキア」、「レッドサビナ・ハバネロペッパー」を主原料として作られた「ブレアーズ・サドンデスジョロキア」ソースは、ただ辛いだけではなく味わい深く、ビーフステーキジャーキーの味を一層引き立てます。

  • ビーフステーキジャーキー
    バイツ

    定番サイズの「レギュラー」より食べやすい一口サイズ。持ち歩きやすくコンパクトで発売当初から受け継ぐ伝統の醤油味。

  • ビーフステーキジャーキー
    バイツホット

    胡椒がきいてスパイシーなホット味。持ち歩きやすくコンパクトで、インパクトのあるパッケージデザインのかっこよさも好評です。

news