子どもの成長に役立つビーフジャーキーの栄養素とその役割

コラム

ビーフジャーキーといえば「お酒のおつまみ」と想像する方も多いと思いますが、実はお酒のおつまみに留めておくのはもったいないくらいの栄養素を含んでいます。

今回は子どもが成長する仕組みと必要な栄養素、その栄養素がなぜ成長期の子どもに必要なのかを詳しくご説明していきます。

実は知らないかも?子どもの体が成長する仕組み

子どもの体が大人と同じようにできていると思いこんでいませんか?成長期の子どもの体は独自の仕組みで発達していきますので、正しい知識を持って必要な食事や生活習慣を教え、健全な子どもの成長を見守っていきましょう。

産まれたばかりの赤ん坊は、一歳になると身長は1.5倍、体重は3倍と急激な成長を見せます。子どもの成長は主に夜眠っている間に脳下垂体から放出される成長ホルモンによって規定され、骨や中枢神経の発達に大きな影響を及ぼしています。この時期に十分な栄養と睡眠を与えないと、心身ともに十分な成長を遂げられない危険性が出てきます。事実、子どもの身長は戦後右肩上がりでしたが、最近になって伸びが止まってしまったというデータがあります。その原因として、不規則な食事や子どものストレスが考えられています。

乳幼児の成長は4歳ほどで一旦落ち着き、その後緩やかな伸びを見せます。しかし、12歳頃から始まる第二次成長期にはそれぞれの性徴が明確となり、男子は男らしい筋骨隆々とした体つきに、女子は丸みを帯びた女らしい体つきへと変わっていきます。この時期の体の変化は性腺から分泌される性ホルモンによって制御されています。第二次成長期は心身ともに不安定な時期とされますが、この時期をくぐり抜けることで子どもは一人の大人として成熟していきます。

丈夫な歯や骨を作るための子どもの成長期に特に必要な栄養素

子どもの健やかな成長ために必要な栄養素をご存知ですか?成長期の子どもは大人たち以上に、栄養を必要としています。タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン。人間に必要な栄養素は様々ですが、成長期の子どもには、特にタンパク質とカルシウムの摂取が大切です。

1日3食、タンパク質とカルシウムの2つに加えて、その他の栄養素をバランスよく取り入れた食事をとらせてあげることが、子どもの成長には必要不可欠なのです。

人間に必要な栄養素は、大きく分けて5つです。

タンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、ビタミン、これらをまんべんなく摂る必要があります。その中でも特に成長期の子どもに必要な栄養素はなんでしょうか。

人間が生きている間に最も栄養を必要とするのは、小学生から高校生にかけての成長期です。

タンパク質は、そんな成長期の子どもに一番必要な栄養素です。タンパク質は筋肉をはじめ、皮膚や骨、臓器、毛髪、血液など体すべてを構成する栄養素であり、免疫機能にも関わっています。魚や肉、卵、豆、乳製品をバランスよく、そして、1日3食しっかりと食事をとることが大切です。

次に、子どもが積極的に摂りたい栄養素はカルシウムです。

特に骨の成長が活発である児童期、6歳から12歳の子ども時代は、しっかりとカルシウムを摂取することで、丈夫な歯や骨を作り、更には筋肉の収縮や神経を安定させる作用もあります。

子どもの成長は、食事と深く関わっています。バランスのよい食事と、質のよい睡眠が、子どもの成長には不可欠なのです。

子どもの体の成長と脳の発達に欠かせないタンパク質

タンパク質というと筋肉を増やすのに効果的な栄養成分という印象を持つ人もいると思いますが、実は子どもの成長に欠かせない成分であることをご存知でしたか?子どもの成長においてタンパク質がどのような役割を持つのかしっかり知識をつけておきましょう。

子どもにとってタンパク質は必要不可欠な要素です。タンパク質の1日の推奨量は12~14歳の男児で約60g、女児で約55gとされています。成人での推奨量は男性で約60g、女性で約50gなので、成人と同じくらいの量が必要ということになります。それだけ成長期の子どもにはタンパク質が重要であるということが分かります。タンパク質は骨を成長させるのに非常に重要な役割を果たします。骨の成長というと、カルシウムが重要と考えがちですが、カルシウムが骨を丈夫にするのに対して、タンパク質には骨を伸ばす役割があります。骨が伸びるときには、骨の先端にある軟骨細胞が増殖します。タンパク質は軟骨成分の原料となるので、身長を伸ばすのにはタンパク質の摂取が不可欠です。体の成長だけでなく、脳の成長にもタンパク質は不可欠です。脳内の情報処理に欠かせない神経伝達物質はタンパク質が原料となっています。そのため、子どものうちからしっかりとタンパク質を摂取することが体や脳の発達に大きく影響するといわれています。

意外と知られてない子どもの成長期に必要な鉄分の重要な役割

鉄分といえば成人女性で不足して貧血を起こす方がいます。しかし大人だけでなく子どもの成長期にも鉄分は不足するのです。では子どもに鉄分が不足すると、どのような影響があるのでしょうか?その辺りについて少し勉強してみましょう。

鉄分は体の成長には欠かせない栄養素の一つです。この鉄分はこれから成長していくという生後9ヶ月から2歳にかけて不足気味になると言われています。子どもは生まれた時、母体由来の鉄分が体に蓄えられています。さらに食べ物から鉄分を補給します。ところが急激な成長により、もともと蓄えられていた鉄分は無くなってしまいます。まだ十分に食事から鉄分を補えない時期なので、成長期に鉄分が不足するのです。

鉄分はほとんどがヘモグロビンという形で存在します。ヘモグロビンは呼吸によって取り入れられた酸素を末端の細胞にまで運びます。そこで不要になった二酸化炭素を受け取り、体の外へ排出するのです。生きていくためには鉄分が不可欠なのはこのような理由によります。

幼児期に鉄分が不足すると体の細胞に酸素が行き届きません。その結果、酸欠状態となり疲れやすくなります。またちょっとしたことで泣いたり、注意力が散漫になったりします。また、大切な認知機能、言語学習能力、記憶力の健全な発達を阻害します。脳や中枢神経の成長にも悪影響を及ぼします。

以上のような数多くの理由により、子どもの成長期には積極的な鉄分の摂取が必要なのです。

積極的に摂取したい子どもの成長に必要不可欠な亜鉛

亜鉛も子どもの成長において非常に重要な成分であることをご存知でしたか?子どもが健康的に成長していけるように、子どもの成長の様々な段階で亜鉛がどのような役割を果たしているのかしっかりチェックしておきましょう。

亜鉛は離乳食期に必要とされる5大栄養素の一つです。離乳食期に亜鉛が大切な理由の一つが、亜鉛には味覚をつくる役割があるためです。亜鉛が不足してしまうと味覚障害が起こり、食べたものを美味しいと感じられなくなったり、腸粘膜が萎縮して腸の動きが鈍ることで食欲がなくなってしまいます。これにより、食欲減退→亜鉛を含む食品をたくさん食べられない→亜鉛不足という悪循環に陥ってしまいます。離乳食期に亜鉛不足で食べることを楽しいと感じられなくなると、味覚が育たないだけでなく、強い体も作れなくなってしまいます。また、成長期にも亜鉛は非常に重要な栄養素です。亜鉛には新陳代謝を高めたり、カルシウムの吸収を助ける役割があります。新陳代謝が上がると細胞分裂が多く行われ身長が伸びることにつながります。また、カルシウムの吸収率を上げてしっかりとした骨を作ることも身長を伸ばすことにつながります。このように、成長期の体の成長のためにも亜鉛は非常に重要です。

ビーフジャーキーには子どもの成長に不可欠な栄養素が含まれています。食事で栄養素を取り入れるだけではなく、普段口にするおやつにビーフジャーキーを取り入れることで子どもの心と体の成長にも役立てることができるのではないでしょうか。テングのビーフジャーキーは減塩タイプもご用意しております。ぜひパパのおつまみに、子どものおやつに常備しておくのはいかがでしょうか。