Tengu

テング
テング
米国LAに生まれた、日系2世のケン大崎氏が、日本人がおいしく食べられるビーフジャーキーとして考案した「テングビーフジャーキー」。良質なステーキ用の牛肉を使用し、しょうゆで味付けしたこだわりのビーフジャーキーはたちまち評判となり、日本人旅行者の格好のお土産になりました。おいしさの評判が評判を呼び、1983年には米国から本格的に日本への輸出が始まりました。ビーフジャーキーと言えば「テング」であり、「テング」といえばビーフジャーキーとして日本国内では圧倒的な人気を誇っています。

商品ラインナップ