HOME > その他食品 >テングカサフィエスタ・シュプレーヴァルトフ・オーカナダジーベーガー 

ドイツ産ピクルスで原産地呼称マークの使用ができるのはシュプレーヴァルトフだけ!

イメージ 野菜や果実の加工品メーカー、ドイツのシュプレーヴァルトフの歴史は1946年に始まりました。 ヴァルトとは森を意味します。南方ドイツミュンヘンの辺りには世界的に有名な黒い森(シュバルツヴァルト)があります。  シュプレーヴァルトは、まさにシュプレーの森ということになります。豊富な水と肥沃な土壌に恵まれた土と長い日照時間に恵まれ、特にガーキン(酢漬け用のキュウリ)栽培にとっては理想的とも言える場所です。「ドイツ産ピクルス」といえば、真っ先に思い浮かべるのは"シュプレーヴァルトフ"と言われるほど圧倒的な支持を得ています。

ドイツでとても親しまれているピクルス

イメージ 2004年日本公開の映画『グッドバイレーニン』は、ベルリンの壁が崩壊する前後の時代を扱っており、東西ドイツ統合による日常の暮らしの変わりようを描いています。 この映画では、シュプレーヴァルトフのピクルスがストーリーの大事なモチーフのひとつとして描かれており、旧東ドイツの時代からとても親しまれていたことをうかがわせます。


イメージ 「ゲット・ワン」は大きめのピクルスが丸ごと一本!

「セレクションピクルス」は食べた時の感触が、パリッとしたきゅうりのピクルス。ディルをはじめとした香辛料で味付けをしています。

ドイツの家庭料理の味わいを我が家の食卓に

キャベツを塩漬けにしたザワークラウトやレッドキャベツ。ザワークラウトは、ソーセージなどの煮込み料理、肉料理の付けあわせなどに。また、レッドキャベツはサラダにおすすめです。

なお、これらの野菜加工品のほかに、「ワイルドブルーベリー」や「ブラックカラント」のシロップ漬けもご用意しています

Product Category